無敵モード

自分バトルフェイズ中、このカードは戦闘では破壊されず、 このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。

9/18

これ大根おろしと秋刀魚どっちが主役だよってなるレベルで大根おろし大量にのせた秋刀魚食べたい。

 

-

 

バイトだった。

今日シフト被ったのは陽の者ばっかりだったので貝のように口をつぐんで黙々と作業してしまった。

 

-

 

タックル覚えたい。やっぱり俺みたいに身体の小さいやつがデカイ奴に勝つには足元を崩すしかないのでは?とか考える。

 

サークルのOB(僕は大学で直心影流という古武道をやっています)が大学の体育室借りてやってる社会人レスリングに混ぜてもらってるみたいな話きいたので俺も一瞬混ぜてもらいたいんだが。

 

タックルだけ習得したい。

 

タックルになぜか強い憧れを持っている。人生で大事なことはタックルにすべて詰まってると思う。

 

-

 

ホワイト、とりあえずゲーチスを倒してストーリークリアした。

 

上手く感想をまとめられればいいんだけど、とにかくいいゲームだったなぁとしか言えない。

 

このゲーム、改めてやってみて、問題のある大人ばっかり出てくるなぁと思った。ゲーチスはその筆頭だし、アデクもそうだし。

 

問題があると言うと語弊があるかもしれないけど、大人のキャラクター性も様々で、ジムリーダーも舞台装置に留まらないところがあるなぁというのは改めて思った。だからこそpixivでフウロカミツレが人気があるんだろう。

 

子どもの頃にやったときは、Nやチェレンという、どちらかといえば子ども側のキャラクターばっかり見てた覚えがあるので、またちょっと違う見え方ができたのも新鮮だった。アーティなんかはけっこういいキャラしてましたね。

 

第5世代、恐らく俺が1番ポケモンをやっていた時期なんだよね。ストーリーや、交換や、対戦諸々含めて。まぁ、ブラックの時間見たら300時間ぐらいだったし、そうでもなかったのかもしれないけれど。

 

からをやぶるパルシェンが本当に好きで、パルシェンを活躍させるために色々考えてパーティ組んでレート潜ってたのを今でも思い出す。

 

ストーリーやっててもからやぶイワパレスがマジでビクティニ映画のゴルーグ並みの活躍を見せたので、からをやぶるって、第5世代を象徴する技のひとつなんじゃないかなぁと勝手に思っている。

 

9/16 テントウムシはシマウマの夢を見るか

マリキータマンなんなの?

 

ごめんなさいキン肉マンの話なんですけど。URL貼っとくから読んでね。

 

https://bookstore.yahoo.co.jp/free_magazine-136077/

 

マリキータマンっていうのは今連載してるキン肉マン新シリーズの敵キャラの一人です。


f:id:rkcccen:20180917004711j:image

 

こんなやつです。テントウムシの超人ですね。

 



f:id:rkcccen:20180917004821j:image

サジェストで強いっていう文言が出てくるぐらい強い。

 

で、ツイッターで「マリキータマン」で検索してもらうと分かると思うんですけど、こいつの存在ひとつで読者がみんな困惑しています。

良くも悪くやりたい放題。

 

まず、「ミミックニードル」「テントウムシダマシクラッシャー」という背中からトゲを生やして攻撃する技があり、「ロールシャッハドット」というテントウムシの点々が模様を形成して、その模様によって相手の心情を読み取る技(???)があり、「天道羽根抜刀」という羽根で斬る技があり、技があまりにも多種多様すぎるという点。

 

次に、試合ごとどころか、話を跨ぐごとにキャラが変わるという点。それまでまったくそんな気配見せなかったのに急に「武人」みたいな性格を見せて「天道羽根抜刀」をキメた場面なんかはよく話題にあがりますね。

 

まぁそれぐらいだったらまぁまだギリギリ理解の範疇で収まるはずだったんですよ、なぜなら恐らくほとんどの読者が今回のキン肉マンゼブラvsマリキータマンの試合で退場するだろうと予測していたから。退場してしまえば、「あんなわけわかんないやついたね」で終われたんですよ。

 

ただ今週の話で、勝って第3試合をする可能性が出てきてしまったんです。

 

何より、キン肉マンゼブラというのは、旧シリーズ(ジャンプで連載していた頃のキン肉マン、現在はプレイボーイでの連載)キン肉星王位争奪戦でのメインキャラであり、一定以上のファンがいる超人です。

 

その超人を、今回のシリーズから出てきた、わけわかんない天道虫野郎(テントウムシッパリ)が倒してしまうっていうのは、番狂わせどころの話じゃないんですよ。

 

それ自体の是非は今んとこどうでもいいです、いや個人的には予想裏切られてめちゃくちゃ面白いんですけど、わけわかんなすぎてまだ物語としての是非を語る段階ですらない。

 

ただ「マリキータマンがキン肉マンゼブラに勝ちそう」というのが、読者のハートをグチャグチャにしてるということだけ今日は覚えて帰ってください。

 

ってか今週月曜祝日でよかったね。これ読んで明日仕事行くのマジでわけわかんなくてかわいそうでしょ。

 

祝日出勤はご愁傷様です。

9/15

毎日日記つけてる仲間がいると忘れてても言ってくれるからありがたい。

 

でも相も変わらずホワイトの話題しかねえんだよな……

 

ツイッター見てもらえれば分かるけどめっちゃキャッキャしながら遊んでる。ちょっと進むとすぐツイートしてしまう。

 

俺の好きなゲームのひとつにルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団っていうのがあるんですけど、これを遊んだ記録を逐一つけてるブログがありまして。

 

見た当初は、いちいち感想かいてんの律儀だな〜って思ってたけど、これがやってみると意外と楽しいもんなんだなっていうのは発見でしたね。

 

 

-

 

 

ツイッターでポロッと言った、「アニメの話してて楽しいと思ったこと1回もない」っていうの、もうちょい説明すると、

 

俺は大学で文学やってて、作品を読解して、文章や言葉にして出力する、そういうのを課題だったり演習だったりでほぼ毎日やってるので、

 

アニメに関してそういうことをするのも、その延長線上で、日課みたいな位置付けにあって、趣味の一環ってわけじゃないから、別に楽しくてやってるわけではないんだよなぁ、っていう……

 

文学の話ぜってーだれも興味ねえと思ってるし、そもそも文学に対していろいろとこじらせてしまってる(純文学って括りが嫌いとか、そもそも文学って何だよ、とか、小説ってメディアがマジで時代遅れのクソだと思ってる、って話から始まる)から、

 

ツイでやるには重すぎるし変なやつに突っつかれたら泣いちゃうのでほとんど話したことないはず。

 

っていうかツイのロケ戦はただのちんちんの人でkomifloおすすめbotで気持ち悪いVのオタクでいいんですよ。

 

そっちの方向で気持ち悪いと思われる分には全然いいけどこっちの方向で気持ち悪いと思われたら俺泣いちゃうよ。

 

あと急に文学の話とか長々始めたら「えっ何……?かぶれてんの……?」ってなるでしょ。もうこれ読んでる人なってるだろうけども。

 

ただ、あんま軽々しく人生とか言うもんじゃないけど、マジで俺の人生ほぼずっと文学とあったし、たぶん仕事もそっち関係にいくだろうし、マジで一生文学と付き合って生きていくことにはなるんだなぁ、と思ってるし、若干変な笑いが出ますね。

 

 

-

 

 

ゲーム、というかRPGの話するのが楽しいのは、絶対に"自分の体験"とセットになるから。

 

 

ゲームっていうのは、そこにあるだけじゃダメで、人間がプレイして、エンディングを迎えたり、強いボスに挫折して投げたり、あるいは飽きてやめたりして、そこまであってやっと作品として完成する。

 

同じゲームをやってても、俺が体験したものと他の人が体験したものは絶対に同じにならない。それはその人固有のもの。

 

だからこそ、同じボスでつまづいたとか、エンディングで感動したとか、そんな些細なことを話し合うのがとても楽しかったりする。

 

ツイッターでの散発的なものでも、RPGの体験記というのは、俺にとっては本当に凄く興味深くて面白いものに見える。

 

 

-

 

 

 

どうでもいいけど、日記記事となると文体ぐっちゃぐちゃというかほぼ口語なんだよな。

 

過去記事は割ときっちり揃えて書いてる(つもり)んだけど、まぁ日記だし別にいいか……と思ってあんまり頓着してなかったりする。

 

ごんごんの話とかもしようと思ったけどさすがに長すぎるのでやめましょう。また今度ね。

9/14 Nの話

バイトだったんだけどゲロみたいに体調悪くて死ぬかと思った。

 

台風また来てるらしいんで気圧の関係かもしれないっすね、寒気とか咳とかあったから風邪かもわからんけどまぁどっちでもいいや。

 

-

 

相変わらずホワイトをやってる。

 

重たいバックグラウンドを背負ってることが示唆されてたキャラクターはそれまでにもいたけど、ガッツリストーリーに絡んできたのってNが初めてだろうか。

 

早口であったり、(ポケモンはメッセージ送りの速度が設定できるんだけど、Nのセリフはその最速設定より速くメッセージが送られる。ものすごく早口であることの表現ですね)情緒不安定であったり(特定の場面で特定の選択肢を選ぶと急に激昂したりする)、存在がとにかく異様で、この人物の存在ひとつでBWのカラーが決まってると言っても過言ではないと思う。

 

割と世界の危機が訪れたりするとはいえ、ポケモンって基本的には牧歌的な雰囲気があるもんなんですけど、序盤から随所随所でNが出てくるせいで不穏な空気が拭えない。常に微妙な緊張感が漂っているゲームになってる。

 

Nを好きになれるかどうかでBWのストーリー評価って分かれんだろうなぁという感じはある。

 

存在感あるキャラクターといえばサンムーンのリーリエもそうで、彼女は母親がアレとはいえ本人が明るく前向きなので、サンムーンというか、アローラの雰囲気に合ってるなぁという印象を受ける。

 

Nもリーリエもそれぞれ裏主人公と言って差し支えないけど、全然違うキャラクターなのがちょっと面白いなぁって今書きながら思った。

 

明日はできれば絵を描きたい。

9/13 理想の黒と真実の白とみるくぷりん

今日は桜樹みりあちゃんからリプライが返ってきたので最高の一日だった。

 

 

 

ポケットモンスターホワイトを始めました。

 

夢をみる島と同時進行になりそうなんですけど、唐突に無性にやりたくなったので。

 

まぁほんと、このゲームやばいっすね。色々と。

 

上のツイの通りなんですけど、もう序盤から完全にご新規さんお断りの雰囲気がすごい。仮にここから初めてポケモン触れたちびっ子とかいたらめちゃくちゃ可哀想だと思う。

 

ポケモンしか登場しないっていうふれこみも、序盤のプラズマ団の「ポケモンは解放されるべき」って演説も、細かいとこでいうと毒はフィールドでダメージ受けないとか、わざマシン使い放題とか、クリティカットとクリティカッターの違いとか、新規の人からしたら「何の話してんだ」って感じだと思う。

 

でもNの存在とか、ストーリーとか、間違いなく俺の中では一番心に残ってるポケモンだし、触れてきたゲームの中でもかなり好きなんですよね、BW(2も含め)。相当尖ったつくりしてるから賛否あるのめちゃくちゃ分かるんだけど。

 

ダイパプラチナからハードを跨がずに発売したり、完全新規ストーリーで2発売したり、諸々含めても「伝統」から脱却しようとして頑張ってるの感じて、まぁ完璧に破壊されるのはサンムーンまで待たなきゃいけないんですけど(USUMはまぁうん)、とにかくそういうとこが愛おしいなって思います。

 

ゼルダで言うと風のタクトなんかもそういうとこあると思うんですよね、時のオカリナっていうマスターピースから脱却しようとしてるのをめちゃくちゃ感じる。でもそこからブレスオブザワイルドが出てくるまでまた紆余曲折あるんだよなこれがな(長くなるのでやめます)

 

 


【Vtuber】みるくぷりんと○○な音楽 - YouTube

 

マリリス組のVTuber、みるくぷりんちゃんのラジオを聴いていた。

 

音楽紹介の回だったんだけど、ファンクだったり、ジャズだったり、アイドルの曲だったり、全然触れてきてないジャンルの音楽をたくさん知れたのでよかった。

 

というか、初めて聴くのに「あっこれいいなぁ」って思う曲が多かった。ちゃんと聴きたいんだけどあとでセットリストとかまとめてくれるんやろか。

 

みるくぷりんちゃん、ゲーム実況はほんとアクが強いんですけどラジオは安定してるし可愛いしで実家のような安心感がある。ここ最近は生活リズムがオワってるので朝ぷりあんまリアタイできてないのが悲しい。

 

マリリス組で最初にビビっと来たのみるくぷりんちゃんなんですよね、ツイだと由持の話ばっかしてるけども。みるくぷりんちゃん、太ももがとてもいいんだけど配信だと見えないのでSSR感がある。

 

なんの話か分かんなくなってきたのでやめます。

9/12 夢はいつか覚めるのか

最近は終わりを迎えたコンテンツへの向き合い方についてよく考えます。

 

というと感傷的すぎるきらいはありますが、サービス終了したアイドル音ゲのアルバムとか、引退したVTuberの動画(は本人が消してしまう場合もありますが)とかはずっと残るわけじゃないですか。

 

少なくない時間をいっしょに過ごした相手の残していったものを、彼らがいなくなったあとにどう享受すればいいのか、俺はまだよく分かってないところがあります。

 

大学の専攻の関係もあって、古典や近代小説をよく読むんですが、それらの作者はとうに亡くなっていますし、彼らと同じ時間を過ごしていたわけではありません。

 

まぁ実際の生き死にと混同するのどうなんだみたいなところはあるんですけど、"死"の瞬間に立ち会えたか立ち会えないかで、結構ものの受け取り方って違ってきちゃうのかなぁとかは考えますね。

 

-

 

話は変わって、ツイッターで#邦楽で10枚というタグを見かけたので僕もやってみました。

 

 

小〜中〜高〜大と好きだったり影響受けたアルバムを2枚ずつぐらい選べたと思います、ほんとうは教育/東京事変、大人/東京事変、PASSENGER/NICO Touches the Wallsとかも選びたかったんですけど。

 

まぁバランスとろうとしないとBUMP OF CHICKENだけで10枚とかTHE BACK HORNだけで10枚とかそういうことになりかねないんですけど……

 

あとタグざっと見たけどGRAPEVINEの登板率めちゃくちゃ高くない?分かるけどさ。

 

-

 

夢をみる島が楽しい。

 

古いゲームだから微妙に不便なところ(ワープとかすげえ不便)はあるけど概ね楽しい。まだ半分ってとこなのでクリアしたらまたちゃんと感想とか書きたい。けっこうストーリーというか、謎もだいぶ判明してきてるところなんですけど、割と不穏な空気漂ってますね。

 

思い返せば、ガノンなどの敵の親玉みたいな存在が未だ登場してないんですよね。

リンクが島の夢を覚ましてしまう存在で、島の住人にとっては破壊者に等しいと考えるとちょっと他のゼルダと毛色が違うなぁとか思います。

 

あとカエルのために鐘は鳴るのリチャードがいたのは驚きました。大好きなゲームのひとつなのでこういうとこでゲスト出演が見れて嬉しかったです。

 

それ以外にもヨッシーとかクリボーとか、マリオの敵キャラがけっこう出てくるんですよね。

 

別に懐古趣味ってわけでは……ないと思うけどやっぱちょっと古いゲームやるの好きなんだよなぁ

 

またVCとかアーカイブスとか漁りたい。

9/11 寝すぎた

朝の6時頃起きてこれは完全に有意義な1日になると確信したけど頭痛くて2度寝したら15時だったので死にたくなった。

 

やべ〜〜〜〜〜〜2日目にして書くことなくなった〜〜〜〜〜〜

 

夕飯はキムチ鍋だった。いい感じに涼しくなってきてお鍋が嬉しい季節になってきましたね。

 

あと、積んでたゲームをやり始めた。UNDERTALEやったらやっぱおれゲーム好きだなと思ったので。ゼルダの伝説夢を見る島とスーパーロボット大戦UX

 

3Dゼルダは好きなのでスカイウォードソード以外全部やったんだけど2Dはほとんど触ったことがない。4つの剣+ぐらいか?

 

まぁ1人でやったんですけどね、4つの剣。ナビトラッカーズっていう競争のモードもあったんだけどそれも1人でずっとやってたわ。テトラがしゃべるのが可愛かったので。決して友達がいなかったわけではなく。

 

スパロボもやったことなくて、ファフナーヒーローマン出るって言うからUX買ってそれっきり触ってないですね。どういうゲームなのかも知らないっていう。基本はSRPGなんだろうけど

 

まぁまだもうちょいおやすみあるのでそれまでにもう1本ぐらいはクリアしたい。

 

あと最悪な1日になる予感しかなかったけど桜樹みりあちゃんからリプライ返ってきたので一瞬で最高の1日になった。