無敵モード

自分バトルフェイズ中、このカードは戦闘では破壊されず、 このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。

【アニメ感想】TRICKSTER〜江戸川乱歩「少年探偵団」より〜

TRICKSTERというアニメを見た。あらすじは公式サイトかWikipediaで確認してください。この記事はネタバレなのでダメな人はブラウザバックお願いします。

 

良かったところ

GACKT

[怪人二十面相]役でGACKTが出ているのだが囁くような演技が脳髄に響いて完全に乙女になってしまった。本編のお話そっちのけでGACKTの喋ってるところだけ無限に再生したりした。OPやEDもGACKTが歌ってるのだがめちゃめちゃ良かった。なんかふつうに惚れてしまった。

 

・序盤の一話完結型事件

ふつうに面白かった。テンポも良かったし少年探偵団たちの掛け合いもよかった。

 

・背景

近未来っぽい街並みとか住宅すげーよかった。お空とかも綺麗だったしふつうにほえ〜ってなった。

 

・演出(っていうのかな?分かんない)

重要な場面でOPED流れるやつ、曲がいいのもあってうおーってなった。

 

よくわかんなかったところ

・メインキャラ

だいたい精神不安定

 

①花崎少年

普段はおちゃらけてるけど家庭環境に問題を抱えてるのでその関係の話になると均衡を崩す。普段おちゃらけてるっつったけど7話〜20話ぐらいまでふさぎ込んでた。一応主人公というか語り部的な立ち位置?だと思ってたのでそれでいいんかなとは思った。見る人が見ればストレスだったかもしれない

 

②小林少年

『死ねない体』であり無敵だが自殺願望アリ。自殺願望アリというか自殺することにしか興味がない。覆面敵組織に仲間が昏倒させられても放っておくので敵が「助けないのか?」とか聞いちゃうし小林少年も「何で?」って答えちゃう。バケモノと罵られようが全然気にしない。

彼も家庭環境に問題があるタチでその頃の記憶を失っているが全て思い出してもすぐ立ち直るので逆に精神不安定だろという感じだった。無敵の体と謎鋼メンタルでバカバカ障害突破してくので面白いキャラではあったと思う。

 

③井上少年

足を怪我してて車椅子で、その時の心的外傷も大きい…と書くと彼が一番不安定っぽいが割と常識人寄りというか周りが問題児なので苦労してるなって感じだった。小林少年とか花崎少年との軋轢は絶えなかったけど…

 

明智小五郎

という問題児ばかりを抱えてる大人……の立場なのだが基本的に干渉しないくせに問題が起きれば思春期の立場からしたら理不尽に感じる怒り方するわ、かと思ったら行方不明になるわ、怪人二十面相とイチャイチャすることしかしないわ、能力はあるので重要場面で出てきて解決してくわで正直この人が一番ヤバかった。小野Dの声で妙にいうことに説得力があるのが余計にタチ悪い。

彼も過去とか家庭環境に問題があったタイプで、それはいいんだけど、いや正直お前もかよとは思ったけど、まぁそれはいいとして、じゃあその経験を元に少年たちを導いたりヒントを与えたりしたかと言われると全然そんなことなかった、気がする。

少年たちは思春期だしメインのお話担ってるし精神不安定なのもまぁある程度しょうがないかなとは思えるのだけど、彼も彼でちょっと二十面相に囁かれるとすぐ不安定になるし、これ本当に大人の役割のキャラクターか?という感じだった。

 

⑤野呂ちん

超かわいいし超有能だし超大人だった。メインのお話にはあんまり絡んでこなかったけどむしろそこが良かった気がする。ピンク髪だし超かわいいし最高だった(二回目)。

 

⑥大友さん

超有能だし超大人だった。彼がクッションになってくれたらよかったんだけど……

 

⑦山根くん

常識人。彼と大友さんがメインのお話は割と安心して見れた。

 

奈緒刑事

普通のいい人かと思いきや怪人二十面相のグルでしたーというやつ。……なんだけどGACKTボイスの人と一緒にデートしてたのでバレバレである。物語上でバレた時に洗脳されてたのか自分であちらについたのか分からないと告白するが結局真相は分からないまま物語からフェードアウトした。逮捕されたとか死んだとかも言及されてない。ってか最終回出てない。OPとか歌ってた田所あずささんの役なのにこの扱いでいいのかなぁ……

 

怪人二十面相

ホモ。明智小五郎に執着するホモ。

GACKT様の演技は良かったんだけどキャラ自体は語られたことが少なすぎてよくわかんなかった。とにかくホモだった。

 

・メインのお話

分かんないことが多すぎる……と思う……

とりあえず言えるのは、最終回では、色んな問題がほとんど全く解決しないまま、明智と二十面相がホモの逃避行に出てしまったということ。小林少年の能力の正体すら分からなかったし花崎少年の家庭問題もほぼ放置だった。明智と二十面相がなんかニッコニコで何もかも終わったみたいなテンションで失踪すんの。なんなの。なんなの……もう……なんなの……

 

まとめとおまけ

お話はよくわかんなかったです!!!

ただ先にも書いた通り序盤、というか具体的には精神不安定期に入る前とか、大友さんメインの小さな事件のときとかはふつうに面白いなって感じだったのでキャラが嫌いとかそういうわけではないんですよね。なんかボタンのかけ違いか、もしくは俺の脳がGACKT様でやられちゃったかなぁみたいな。

 

あとたぶんだけど乱歩要素ほぼ皆無じゃね?って思った。

でもとにかくGACKT様がよくて、ずっとGACKT様の声聞いていたかった。衝動的にアルバム買っちゃったもんね。

 

あと田所あずささんのOPEDもほんとよかったです。ちからづよいうたごえでとてもよかった。楽曲買っちゃいました。アイカツだとあおい姐さん好きだったので田所あずささんの声聞けるのも嬉しかった。

 

ただお話がほんとに上手く理解できなかったので、つい頭の整理がてら慣れない感想記事など書いてしまいました。読みづらかったらごめんね。

 

次は乱歩繋がりで乱歩奇譚でも見てみようかなぁ。っていうかせっかくだから少年探偵団読んでみたい。